HOME

Who is pequeñITO? We are a husband and wife team: Kazuo ITO and Sibylle ITO. Yes, we have chosen to have the same last name! Our different personalities, cultural upbringing, interests and professional backgrounds makes us an unbeatable team.

Kazuo ITO:  trained, certified Sushi Chef in Japan

Kazuo Ito Started off his career as a certified accountant, but realized he wanted to use his detail oriented work ethic for the art of sushi. He has been trained under the top Sushi Master in Japan: Hirai Mitsuo Sensei. For years Kazuo – called Kaz in short – had food on his mind. He was working side jobs in restaurants during high school and university, when later in life he could not resist his calling back to the food industry. Although his heart beats for a wide variety of Japanese dishes, he is looking forward to bringing Edomae Sushi (traditional sushi) to Uruguay.

Sibylle ITO: trained, certified Udon specialist in Japan

Sibylle Ito Attained Chemical Engineering degree in Switzerland, worked in R&D biotech laboratories in the same country, gained further professional experience in specialty chemicals, chemical engineering and food processing in the USA and Asia (incl. Australia, New Zealand). Having so many insights into the food industry including some food science training from Harvard, combined with 14 years of living and eating in Japan, caused a strong desire to go back to the basics and focus on healthy Japanese food, especially Udon.

Although we have started off with different careers in our life, we strongly believe that our previous professional background gives us a competitive edge: Passion and desire to provide healthy, authentic Japanese food.

pequeñITO(ペケニート)とは誰でしょうか?

私達は、夫婦であり、夫の伊藤和男と妻の伊藤シビルで構成するチームでもあります。そうです。同じ姓を名乗ります。(日本は夫婦同姓の国です。)私達の異なる個性、文化的に相違する育ち方、異なる興味、そして異なるプロフェッショナルなバックグラウンドが他の何ものにも負けない素晴らしいチームを創ります。

伊藤和男:日本で修行し、証明書を保持する寿司職人

財務経理責任者から寿司職人へと変化を遂げました。しかしその細やかなしごとを得意とする彼の才能を寿司という芸術に奉げたいと悟り、寿司の道へとその身をおいたのです。彼は日本のトップ寿司職人であり、先生でもある平井満雄氏の下で修行をしました。和男の心の中には長い間料理がありました。彼は高校生、大学生の頃レストランで働いていました。上述したように大学卒業後は料理とは関係のない世界で働いていましたが、料理の道を熱望するその心は抑えきれませんでした。彼の心を揺り動かす数々の日本料理の中から彼は寿司を選びました。そして今、日本の江戸前寿司をここウルグアイの地で広めようと彼の心の高鳴りは止まらないのです。

伊藤シビル:日本で修行し、その技術を保持するうどんのスペシャリスト

スイスで化学工学の学位を取得し、スイスにあるバイオテクノロジーの研究開発ラボで働いていました。その後アメリカ合衆国、アジア(オーストラリア、ニュージーランドを含む)において特別な化学分野、化学工学そして食料加工分野にいて更なるプロフェッショナルな経験を積みました。また、ハーバード大学でのいくつかの食料科学授業を履修する(証明書取得済み)等、食料に対する深い洞察力を持ちながら14年に亘る日本での生活、食料の経験を積んでいます。この経験は我々人間が生活していく上で欠くことのできない、基本的かつ根本的な要素でもある衣食住のうち、“食”に焦点を当て、健康食でもある日本食、その中でも特にうどんを研究したいと強く願う気持ちにつながったのです。

私達はそれぞれ異なる経歴を持ち合わせながら、お互いに今までとは違う分野に進みました。しかし私達は、我々のそのプロフェッショナルな経歴が他の何ものにも負けない力強い競争力となることを心の底から信じています。

If you see parts of this website containing wired characters, please make sure that you have the Japanese font installed to see all of it. Thank you for your understanding.